SEO対策を強化するライティング手法をわかりやすく解説

SEO対策には、SEOライティングに基づいたコンテンツ制作が欠かせません。良質なコンテンツを作るには、良質なライティングによって、ユーザーファーストの観点から情報をわかりやすく提供する必要があります。

とはいえ、「SEO対策のできた記事と、普通の記事は何が違う?」「検索エンジンで評価されるSEOライティングのやり方がわからない」とギモンを浮かべている人もいるでしょう。

SEOライティングは、たった4つの考え方をイメージするだけでSEO対策の基本を押さえられます

この記事では、検索エンジンに評価されるSEOライティングの手法をわかりやすく解説します。さらに、SEO対策のできたライティングを外注する方法やリライトの重要性についても触れます。

本記事はSEO初心者から上級者まで、サイトの検索順位を上げたいと思っているすべての人に役立つでしょう。SEO対策の成功のため、ぜひ本記事を最後まで読んでみてください。

この記事の目次

SEO対策向けライティングの基本的な考え方

SEO対策の施されたライティングは、SEOライティングとも呼ばれています。SEOライティングとは、Googleなどの「検索エンジンの最適化」を意識したコンテンツの作り方です。

SEOライティングでは、ユーザーにとってわかりやすい内容を提供することはもちろん、検索エンジンのクローラーにも情報を正しく伝える工夫が必要です。

さらに、競合サイトにない独自のコンテンツを盛り込むことで、サイトの専門性と権威性を高められます。SEOライティングの基本的な考え方を詳しく見ていきましょう。

ユーザーにとってわかりやすいことが最重要

SEO対策のできたライティングは共通して、「ユーザーにとってわかりやすいコンテンツ作り」を意識します。なぜなら、Googleの検索アルゴリズムは、ユーザーファーストを重視して順位付けを行っているからです。

つまり、ユーザーにとって価値のある情報をわかりやすく提供するサイトが高く評価され、検索上位に表示される仕組みです。

どれだけ質の良いコンテンツを提供していても、ユーザーにとってわかりにくいまとめ方をしていては、検索上位に表示されるのが難しくなってしまいます。

SEO対策を意識したSEOライティングでは、ユーザーにとってわかりやすい文章を使って情報を提供することが最重要です。具体的には、PREP法などのフレームワークを活用しつつ、情報を整理し、順序立ててわかりやすく提示する工夫が求められます。

PREP法とは

PREP(プレップ)法とは、「結論、理由、具体例、結論」の順序で言葉をまとめる手法です。読者にとってわかりやすい言葉を使い、簡潔にまとめることで、Googleなどの検索エンジンからも高く評価されやすくなります。

  • P=Point(結論)
  • R=Reason(理由)
  • E=Example(具体例、事例)
  • P=Point(結論の繰り返し)

SEO対策を踏まえたSEOライティングでは、「ユーザーにとってわかりやすい文章の書き方」を心掛けることがサイトの評価を高め、SEO対策の強化につながる。

検索エンジンのクローラーにも情報を伝える

SEO対策に向けたSEOライティングでは、ユーザーだけでなく、検索エンジンのクローラーにも情報を正しく伝えることが重要です。クローラーはWebページの内容を読み取り、その情報を基に、GoogleのアルゴリズムがWebページの順位を決定しています。

そのため、SEO対策を意識したライティングでは、タイトルや見出しの構造を整理し、クローラーが情報を読み取りやすい形にできるコンテンツ作りが求められます

具体的には、「HTMLの見出しタグをルール通りに使用する」「文中にキーワードは適度に盛り込む」といったSEOライティングが重要です。

競合サイトにない独自コンテンツを盛り込む

SEO対策として、競合にない独自のコンテンツを盛り込むこともSEOライティングでは重要です。Googleはオリジナリティの高いコンテンツを評価するため、良質な独自コンテンツを盛り込めば検索結果の上位表示を期待できます。

独自のコンテンツを作るためには、まず競合サイトを調査し、どのような情報が提供されているかを理解する必要があります。そうすれば、自サイトが提供できるほかのサイトではカバーされていない情報や視点を見つけ出せるようになります。

また、「自社の専門知識や経験を活かした深くわかりやすい解説」「データを添えた具体的な事例の紹介」「図表や画像を使って視覚的にわかりやすいコンテンツ作り」なども、独自コンテンツ作成の一助となります。

専門性・権威性を高める

SEOライティングをより深めたSEO対策では、専門性と権威性を高めることも重要です。これは、Googleが「経験・専門性・権威性・信頼性(E-E-A-T)」をWebページの評価基準としているためです。専門性と権威性が高いと評価されると、検索順位が上がる可能性があります。

専門性を高めるためには、その分野について深い知識を持ち、テキストでわかりやすく的確に伝えることが求められます。具体的な事例を用いた解説や、最新の研究結果を引用するなどして、情報の信憑性を高めるSEOライティングが有効です。

また、ほかの信頼できるサイトからの引用やリンクを得るのも権威性を高めるのに役立ちます。自サイトがほかのメディアで引用されるなど、外部からの評価を得る施策も権威性を高めるうえで重要です。

SEO対策で成果を上げるライティングの方法

SEO対策で成果を上げられるSEOライティングには、いくつかのステップで共通したポイントがあります。

まずはターゲットのペルソナやニーズを明確化したうえで、競合サイトをリサーチし、キーワードを踏まえてタイトルや見出しを決めます。そして、見出しの構成に沿って本文をライティングし、読みやすさを高めるのがSEOライティングの基本です。

これらのステップを詳しく見ていきましょう。

ターゲットユーザーのペルソナやニーズを明確にする

SEOライティングを始める前に、まずターゲットとなる読者のペルソナやニーズを明確に設定することが重要です。ターゲットが明確化できれば、どのような情報を求めているか仮定しやすくなり、想定ニーズに対する明確な答えを用意しやすいのがメリットです。

ペルソナとは、ターゲットとなる読者の代表的な特性や行動パターンを具体的に描き出したものです。年齢、性別、職業、趣味、価値観など、ユーザーのさまざまな特性を考慮に入れて、誰に向けた記事か明確化するペルソナを作成します。

一方ニーズとは、何かしらの不安や問題を解決したいと思う欲求のことです。ニーズを理解すれば、ユーザーが求める情報を的確に提供し、ユーザーにとって価値あるコンテンツを作成して検索エンジンにも高く評価されやすくなります。

すでに上位表示されている競合サイトをリサーチする

SEO対策のためにライティングをするうえで、競合サイトのリサーチは重要です。特にSEOライティングでは、競合サイトの記事をリサーチし、コンテンツの差別化を図る必要性があります。

リサーチを行うときは、上位表示を狙うキーワードで実際に検索を行い、上位表示された記事を開いてみましょう。「どのような情報を提供しているのか」「どのようなキーワードがよく使われているか」「タイトルや見出しの作りはどうか」「コンテンツをどのように見せているのか」などをチェックします。

上位表示されている競合サイトをリサーチすれば、自社で制作するコンテンツに必要なものを把握しやすいだけでなく、自社の優位性や他社との差別化を図りやすくなるのもポイントです。

自サイトが提供すべき情報や視点、構成などをどうすべきか考慮しやすくなるため、SEOライティングでは競合サイトのリサーチが重要視されています。

キーワードを踏まえてタイトルや見出しを決める

SEOライティングでは、キーワードを踏まえてユーザーを惹きつけるタイトルや、SEO対策に基づいた見出しを作成する作業は非常に重要です。

魅力的なタイトルは検索結果からユーザーのクリックを促しやすいほか、SEO対策に基づいた見出しは検索エンジンのクローラーが適切な評価を下しやすくなります。

タイトルはページ内容を簡潔に表しつつも、キーワードをできるだけ文頭のほうに含めるようにしましょう。また、ユーザーがクリックしたくなるような、コピーライティングのテクニックも重要です。

見出しはページの内容を構造的に表すことができ、情報が網羅的かつ整理されている印象を読者に与えられます。また、見出しにもキーワードを含めることで、クローラーにページの内容を正確に伝えられます。

メタディスクリプションも大切
メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、検索結果に表示される80文字前後のページ説明文です。

分かりやすい表現でユーザーを惹きつけ、クリック率を上げる役割を果たします。

見出しの構成に沿って本文をライティングする

本格的なSEOライティングでは、見出しの構成に沿ってライティングをするのが基本です。見出しを作らず、記事の冒頭から最後まで本文で書き続けるのはおすすめできません。

基本的に、SEO対策に基づいたライティングでは、見出しを読むだけである程度の内容を理解できる記事が理想だとされています。そして本文のSEOライティングでは、見出しをカバーするように情報を整理し、ユーザーとクローラーが理解しやすいコンテンツを作るのがベストです。

本文を執筆するときは、意識的にひらがなを含めると読みやすい文章ができる。具体的には、ひらがな7~8割、漢字1~2割、カタカナを1割ほどのペースで使用するのがベスト。

また、SEOライティングでは、適度にSEO対策のキーワードを含ませるのもポイントです。「あれ、それ」などの代名詞を極力使わずに文章を構成し、「コンサルタント」を「コンサル」と省略させないようにも注意しながら本文をライティングしましょう。

なお、ほとんどの記事には「リード文」が盛り込まれています。リード文とは記事の冒頭に書かれる文章で、記事に対する興味を膨らまして読者を惹きつける役割を持ちます。リード文は、ユーザーが記事を最後まで読むための動機付けをし、記事全体の流れを示すことが重要です。

強調や表などを活用して読みやすさを高める

一通りSEOライティングを終えたあとも、強調や装飾、表、箇条書きなどを活用して、情報を整理して読みやすさを高める工夫もSEO対策において重要です。ただ文章が続くよりも、強調や表、箇条書きといった装飾を活用するだけで、ユーザーライクな記事に近づきます。

ストレスなく読みやすい記事は、ユーザーやクローラーからの評価もあがるため、SEO対策に基づいたライティングでは文章以外の工夫も重要です

特に箇条書きや表はコンテンツに動きをもたせ、読者を飽きにくくさせる効果があります。積極的に活用しましょう。

文字装飾の例

下記のような装飾が一般的ですが、組み合わせ次第で様々な強調が可能です。マーカーや文字色は黄色と赤の他に、そのサイトのイメージカラーや企業のブランドカラーを用いることも少なくありません。

  • 太字
  • 下線
  • 太字+マーカー
  • 太字+色文字
箇条書きの例

特に順序が定まっていない物事を羅列する際や、小見出しの概要をあらかじめ、ひとまとめに伝えたいときなどに用います。

  • トピックA
  • トピックB
  • トピックC
番号リストの例

順序のある物事や、作業手順を伝えるときなどには番号リストを用います。

  1. ユーザーニーズを明確にしてペルソナを確定
  2. 上位記事を分析して求められる情報を抽出
  3. オリジナルコンテンツを加えて高品質な記事を作成
表の例

「テーブル」とも呼ばれます。複数の要素について、複数の観点から情報をわかりやすく伝えるのに便利です。比較の解説によく用いられます。

品名メリットデメリット
サービスAサービスAのメリットサービスAのデメリット
サービスBサービスBのメリットサービスBのデメリット
サービスCサービスCのメリットサービスCのデメリット

上位表示に欠かせないリライトのコツ

SEOライティングは、一度記事を書いて終わりではありません。上位表示を維持し続けるには、競合のチェックを含めた、定期的なリライトが求められます。

SEOライティングにおけるリライトは、記事の内容を更新して最新の情報を提供するだけでなく、SEO対策の効果を検証し、改善するための重要なプロセスです。上位表示に欠かせないリライトの具体的なコツについて、詳しく見ていきましょう。

掲載順位やアクセス数を定期的にチェックする

SEOライティングに基づいて掲載した記事は、掲載順位やアクセス数を定期的にチェックする必要があります。たとえば、「公開から一定期間経っているのに掲載順位が伸びていない」「上位表示されているもののアクセス数が少ない(CTRが低い)」といった記事はリライトを検討する価値があるでしょう。

もし掲載順位が伸びていなければ、タイトル・見出し・本文のすべてを一度見直し、全面的な書き直しを行うケースもあります。検索順位が高いもののCTRが低い場合は、タイトルをリライトすれば一気に改善する可能性があります。

最新の情報を盛り込む

SEO対策のためにリライトするときは、最新の情報を盛り込むことが大切です。検索エンジンは更新された日時だけでなく、どのような最新情報を取り入れているのかを踏まえてページを評価しています。

言い換えれば、古い情報をそのままにしているとページの信頼性や価値が下がり、検索結果の掲載順位が低下してしまうのは避けられません。

最新の情報を盛り込むためにも、定期的に業界のトレンドやニュースをチェックし、その情報を元に記事を更新しましょう。また、新たに発表された研究結果や統計データを引用することも、情報の鮮度と信頼性を保つために有効です。

リライトによる効果を検証してPDCAを回す

リライト後は効果を検証し、PDCAサイクルを回すのも重要です。いつどのようなSEO対策を行ったのか、そのうえでCVRやアクセス数、順位などが変動したかをツールでチェックしましょう。

そうすれば、どのようなコンテンツが検索エンジンに好まれるのか傾向を把握しやすくなり、今後のSEOライティングの質を上げる効果が期待できます。SEO対策によるリライトでPDCAサイクルを回す手順は以下のとおりです。

「Plan」の段階では、リライトの目的と目標を設定します。次に「Do」の段階でリライトを実行します。

その後「Check」の段階で、リライトの効果を検証します。具体的には、リライト後の掲載順位やアクセス数の変化を確認し、リライトが目標に対してどの程度効果があったのかを評価します。

最後に「Act」の段階で、検証結果を元に次の行動計画を立てます。リライトが効果的だった場合は、その方法をほかのページにも適用します。効果が見られなかった場合は、リライトの方法を見直しましょう。

SEO対策を効率化するライティングの外注方法

SEOライティングは自社で行うことも可能ですが、外注を活用すればさらに効率化できます。

専門的な知識を持つライターやSEOコンサルタントに依頼することで、高品質なコンテンツを効率良く作成し、SEO対策を強化することが可能です。SEOライティングを外注する方法について詳しく見ていきましょう。

Webライターに記事制作を発注する

SEO対策を効率化する方法のひとつに、Webライターへ記事制作を発注する手法があげられます。SEO対策を熟知したWebライターなら、SEOライティングに基づくコンテンツ作りとクオリティで、検索上位を獲得しやすいのがメリットです。

WebライターにSEOライティングを外注するのは実際に多くの企業が実践している手法で、クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングや、スタッフからの紹介などをさまざまな選択肢があります

ただし、フリーランスのWebライターは、人によってクオリティやコミュニケーションスキルがまちまちです。コンテンツの品質が安定しなかったり、納期がきちんと守られなかったりするリスクは専門のSEO対策会社へ依頼するよりも高いため、進行・品質管理等の手間がかかる点に十分注意しておきましょう。

Web制作会社やSEOコンサル会社に依頼する

高品質なSEO対策を求めている場合は、Web制作会社やSEOコンサル会社へ依頼するのも選択肢のひとつです。SEOライティングの品質が安定するだけでなく、キーワード選定やサイト設計など、SEO対策全般の総合サポートも得られるメリットがあります。

SEOの専門知識を持つプロフェッショナルが揃っており、最新のSEOトレンドに基づいた効果的な戦略を取り入れやすいのもポイントです。また、一貫した品質管理のもとで、高品質なコンテンツを自社サイトに供給し続けられます

時間やリソースが限られていたり、SEO対策をより深く追求したかったりする場合は、SEOライティングをWeb制作会社やSEOコンサル会社に依頼するのをおすすめします。

まとめ

以上、SEO対策向けライティングの基本的な考え方から、具体的なライティング方法、リライトのコツ、そしてライティングの外注方法まで、幅広く解説しました。

SEOのトレンドは激しく移り変わっています。検索エンジンのアルゴリズムは日々更新され、その都度対策を見直す必要があるのも事実です。そのため、自社での安定したSEO対策が難しい場合は、外部の専門家にSEOライティングを依頼するのも選択肢といえます。

当社MASS DRIVERでは、事業成長へのコミットを最優先に、売上に直結するSEO戦略を提供しています。最新の検索アルゴリズム分析で戦略立案を最適化し、迅速かつ柔軟な対応が可能です。SEO対策を検討している方は、ぜひ一度ご相談ください。

この記事を書いた人

牧野 徹郎のアバター 牧野 徹郎 代表取締役

Web戦略立案・SEO・グロースを得意としています。
マーケティングはリスティング広告の運用からキャリアをはじめ、グロース、SEOと経験を積みました。

この記事の目次